呼吸器の病気では、せき、たん、呼吸困難(息切れ)、喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)、胸の痛みなどの症状がよくみられます。これらの症状は、いろいろな病気で共通してあります。例えば、せきは、かぜ症候群、慢性気管支炎、気管支喘息、肺癌などほとんどの呼吸器の病気でみられます。診断には、症状の他に、レントゲン、呼吸機能検査、たんや血液検査が必要になります。呼吸器の症状が少し長く続く時は、私ども呼吸器専門医にご相談下さい。

主な呼吸器の病気を少し具体的に説明しましょう。参考にしてください。

気管支喘息 CPOD(慢性閉塞性肺疾患) 肺線維症(間質性肺炎)
肺癌 肺結核症 非結核性抗酸菌症

気管支喘息

気管支喘息

アレルギーが基礎になっておきるものです。
喘息の発作は、気管支でアレルギー反応がおきて、気管支の筋肉をれん縮させ、気管支の粘膜がむくみ、たんの量が増えます。その結果、気管支は狭くなり、空気が通りにくくなり呼吸が苦しくなります。その強い状態が喘息発作です。喘息発作では、就寝時や夜中から朝方にかけて、せき、喘鳴、呼吸困難が現れます。喘息は、子供から成人、70才過ぎてからも初めて出てくることがあります。

喘息の治療は、世界的に治療ガイドラインが作られ、それに沿って行います。原因となるアレルギー抗原を遠ざけ、アレルギー反応を抑える吸入ステロイド薬を中心にした治療が行われています。治療の目標は、発作が無いようにするだけでなく、ずっとよくして肺機能を正常とし、普通の生活が送れるようにすることです。

CPOD(慢性閉塞性肺疾患)

CPOD(慢性閉塞性肺疾患)

中高年の男性に多い病気です。タバコが主な原因です。タバコによって、肺の組織が破壊される肺気腫というものと、気管支に炎症を起こし、たんが多くなる慢性気管支炎とを併せてCOPDといいます。せき、呼吸困難、たんなどが主な症状です。レントゲン検査や肺機能検査が必要です。治療の第一は禁煙です。禁煙には禁煙補助薬を使うことも1つです。呼吸困難に対し吸入薬や内服薬を使います。血液中の酸素が低くなってくると、酸素吸入を自宅で行うこともできます-在宅酸素療法といいます。家に閉じこもりきりにならないで、外出・散歩など行い、無理のない範囲で体に刺激を与えることも大切です(リハビリテーション)。

線維症(間質性肺炎)

線維症(間質性肺炎)

肺組織に線維化(線維成分が多くなる)がおこり、肺が硬くなるため、伸びにくくなり、酸素の取り入れが障害される病気です。一番の症状は、呼吸困難とせきです。原因は不明のものが大半ですが、肺の組織を取って調べ、治療薬に反応するタイプかを確認してから治療を始めます。必要に応じ、在宅酸素療法を行います。
過敏性肺炎:かびや鳥の蛋白などを吸入すると、肺組織に反応が起こる人がいます。肺線維症に似た症状やレントゲン写真を示しますが、原因を取り除くと、病気は良くなります。関東地方より南の地域に主に夏にみられる夏型過敏性肺炎が最も多いものです。住居のかびを吸入して起こります。鳥飼病、空調器病、農夫症などもあります。

肺癌

肺癌)

現在、癌の中で一番死亡率の高いものです。
タバコが大きな原因です。症状がなかなか現れにくいので、診断がおくれて根治的な治療ができにくいことが問題です。胸部の検診は毎年受けておくべきでしょう。治療は、可能なものは外科手術を行います。がん化学療法、放射線療法が中心です。タバコは肺癌の最大の危険因子です、禁煙して数年たてば肺癌のリスクが少しづつ低下してきます。周りの人もタバコの影響を受けます(受動喫煙)。

肺結核症

肺結核症

結核菌によって起こる感染症です。発病率は戦後一貫して減少していましたが、最近頭打ちになっています。定期健康診断で発見されることが多いです。かぜ症状が長く続く場合は、疑ってみる必要はあるでしょう。しっかり治療すれば治る病気です。

非結核性抗酸菌症

非結核性抗酸菌症

最近増えてきています。酸に抵抗性のある菌(抗酸菌)で結核菌の仲間ですが、結核菌と違って人から人への感染はありません。古い結核病巣(陳旧性肺結核)のある人、慢性の呼吸器の病気(気管支拡張症など)などに合併するのが大半です。病巣があり、進行性の場合は、肺結核に準じた治療を行いますが、薬が効きにくい耐性菌が多く、治療は長期化します。いろいろな条件により薬物治療を行うかを決めます。

お知らせ

お知らせ

アクセス

電車でのアクセス
京急線・地下鉄 上大岡駅より徒歩 6分
バスでのアクセス
バス停 関の下より徒歩 2分

詳しくはこちら

お問い合わせ

ご相談や質問はこちらからどうぞ

  • 電話でのお問い合わせ

絶賛好評販売中危険ないびきが生活習慣病を招く!